防水することでベランダからの水を掃けられる

仕組みを理解しよう

雨漏りは建物劣化によって進行してきます。雨がしみこんで天井板などが腐り、さらにしみこんでしまうというわけです。そこで雨漏り防止のためにも、防水加工工事をしておきましょう。屋根やベランダ、外壁などに行います。

良い業者の選び方

家の雨洩り対策として防水工事は必要です。大阪で業者に工事を依頼する場合は、業者選びを慎重に行う必要があります。信頼できる業者を選ぶには、分かりやすく丁寧な説明をする、工事のメリット・デメリットもきちんと話してくれるかどうかをチェックしましょう。

総額費用を下げられます

ベランダ

定期的に施工しましょう

ベランダの掃除を定期的に行ってもすぐに苔が生えてしまったり黒ずんで汚れてしまう場合は、コンクリート表面のコーティングが剥げてしまっています。コンクリート表面を顕微鏡で観察するとたくさん空いた孔を見ることができます。この孔は通常であればコーティングで隠れていますが、防水塗装の効果が弱まると次第に表面に現れるようになり苔の胞子やホコリが溜まる場所となってしまいます。またこの孔は雨水の浸入する経路ともなります。ベランダの防水塗装は防水層と表面コーティングを何層にも施してあるので簡単に雨水が浸入ことはありませんが、それでも汚れによってコンクリートが劣化していたりコーティング層が剥げてしまっている場合には雨水が浸透します。ベランダから浸透した雨水は壁面や屋根の構造を大きく損ないます。そのため家の老朽化を防ぐためにもこまめな防水工事は必須となるのです。防水塗装の工事費用は定期的に行うことで安くなります。たとえばベランダの防水工事で主流となっているFRP塗装は、防水層とコーティング層によって形成されています。このFRP塗装はコーティング層のみの施工も可能となっているので、内部の防水層が劣化する前に早めの対策をすることで費用を安く抑えられるのです。FRP塗装の寿命は10年が基本となります。ただ10年といった期間は内部の防水層の劣化も含めた期間となるので、コストを抑えることを考えるのであればコーティング層を5年ごとに施工するのがおすすめです。

雨漏りをを防げる

屋上は風雨にさらされることも多く、劣化が激しくなることがあります。雨漏りもしやすいので、防水加工をしておきましょう。これによって雨漏り防止のみならず、劣化予防にも繋がります。防水加工で定評のある業者に頼みましょう。